保育士のお仕事紹介

色々な種類がある保育士の仕事

同じ保育士でも、施設や業態によって呼び名や仕事内容は様々。このページでは一般的な保育士の仕事内容から、地域限定保育士、医療保育士、公務員保育士など、ちょっと珍しい保育士の仕事内容や応募条件などをご紹介します。いろんな職業を理解して、転職の幅を広げていきましょう。

保育士の仕事内容(1日の流れと年間スケジュール)

保育士の仕事内容を大きな枠で囲うと「子供を預かる」ということになりますが、日々の業務の中にはいくつかの役割があります。まずは、一般的な1日の流れや年間スケジュールを把握して、保育士という職業について理解することから始めてみましょう。

続きを見る

地域限定保育士について

最近、地域限定保育士という言葉をよく聞くという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、保育士不足の解消に期待が高まる地域限定保育士についてご紹介します。

続きを見る

病児保育の保育士求人

病児保育士とは、病院などの医療機関内で働く保育士のことです。医療保育士や病棟保育士とも呼ばれ、医師や看護師と連携をとって、怪我や病気で長期入院する子供の教育や世話を行います。

続きを見る

公立保育園の公務員保育士求人

一般的な保育士と公務員保育士の大きな違いは、勤務先が法人運営か公的機関運営かの違いになります。つまり、公立の保育施設で働く保育士は公務員保育士として勤務することになります。

続きを見る

臨時職員の保育士求人

臨時保育士とは、公立・私立関係なしに臨時職員として働く保育士のことです。非常勤保育士とも呼ばれることがあり、大半は時給制でパートやアルバイトとして雇用されています。

続きを見る

保育補助員の求人

保育補助員とは、クラス担任として働く保育士の仕事をサポートする職業のことです。臨時保育士と似たような職業ですが、一般的に臨時保育士として働くには保育士資格が必要になるのに対して、保育補助員として働く際は保育士資格や幼稚園教諭免許といった資格は不要です。

続きを見る

院内保育所の保育士求人

院内保育所とは院内託児所とも呼ばれていおり、病院やクリニックに勤めている医師や看護師といった職員の子供を対象にした認可外保育施設のことです。また、そこで働く保育士のことを院内保育士と呼んでいます。

続きを見る

企業内保育所の保育士求人

企業内保育所とは、会社や事業所の中、または近隣に設置された認可外保育施設のことで、事業所内保育施設や社内保育施設とも呼ばれています。そこで働く保育士のことを企業内保育士と呼びます。

続きを見る

時間外保育の保育士求人

時間外保育士とは、早朝保育や延長保育といった時間外保育で働く保育士のことです。時間外保育士として働くにあたって保育士資格は不要ですが、職場によっては最低限の子育て経験を求める場合もあります。

続きを見る

プリスクールの保育士求人

プリスクールとは英語を交えて保育や教育を行う保育施設のことです。一般的な保育園と同様に0歳児~小学校入学間までの子供を対象としておりますが、保育園と比べると教育に力を入れており、特に英語力を伸ばす保育が行われます。

続きを見る

学童保育の保育士求人

学童保育とは、共働きなどで両親が自宅にいない小学生を対象にした保育サービスで、放課後や長期休みの間に子供たちが過ごす場所のことです。学童保育で働く職員は、学童保育指導員、学童指導員、児童指導員などと呼ばれています。

続きを見る

小規模保育の保育士求人

小規模保育とは0~3歳未満児を対象にした保育のことで、定員は6人以上19人以下とされています。保育士1人当たりの負担が少なく、子供と向き合えるという理由から、人気の保育士求人となっています。

続きを見る

託児所の保育士求人

託児所とは、主に一時預かりを目的とした認可外保育施設のことです。ただし、届け出がないと設置できない決まりとなっており、定期的な調査や行政指導も行われます。

続きを見る

レジャー施設の保育士求人

遊園地やテーマパークといったレジャー施設にも、保育士が活躍している職場が多数あります。一時的な預かりを行う託児所やベビーセンター、イベントやアトラクションで子供と接する仕事、そしてレジャー施設には必要不可欠な迷子センター。

続きを見る

Copyright(c) 保育士Work All Rights Reserved.