保育士のお仕事紹介

入院中の子供の保育や教育を行う病児保育士

病児保育士とは、病院などの医療機関内で働く保育士のことです。医療保育士病棟保育士とも呼ばれ、医師や看護師と連携をとって、怪我や病気で長期入院する子供の教育や世話を行います。

基本的に医療行為は行いませんが、看護師のサポートを行うこともあり、病院内で働く職員としてはある程度の医療に関する知識が求められる職場もあります。

病児保育士の仕事内容

主な仕事としては、症状が重い子供の場合だとトイレ介助や食事のサポート、比較的症状が軽い子供の場合だと一般的な保育所で行うような教育や遊びを通じた軽い運動などを行います。

一人の子供に費やす時間が多いので、心のケアといったセラピスト的役割も担う職業でもあります。

院内保育士との違い

同じ病院内で働く保育士とし病児保育士の他に院内保育士がありますが、それぞれ業務内容が違います。

病児保育士は入院中の子供に対しての保育業務を行いますので、前述したように生活のサポートや心のケアが主な仕事です。

一方の院内保育士は、病院で働いている職員のお子さんを預かるのが仕事。ですので、一般的な保育士と同じような保育業務となります。

院内保育士について詳しく見る

病児保育士として働くには?

病児保育士として働くには保育士資格を持っていることが大前提ですが、それ以外に必要な資格は特にありません。ある程の保育士経験は必要になります。

看護師や准看護師の資格を持っていればもちろん採用されやすいですが、そもそも病児保育士としてではなく看護師として採用されるかもしれませんね。

病児保育士の求人状況は?

正直なところ、病児保育士の求人はかなり少なく、そもそも募集している病院を探すことが困難な状況です。数ある保育士の仕事でも激レアといった位置付けで、主に非公開求人でのみに取り扱いとしてる求人サイトがほとんどです。

転職エージェントのキャリアコンサルタントに「病児保育士の求人が出たら教えてください」と念押ししておくといいかもしれませんね。あとはできるだけ多くの求人サイトに登録して、こまめに募集状況をチェックするようにしましょう。

何が何でも病児保育士として働きたいという方は、直接病院にアポを取ってもいいでしょう。現代には働き口は待つという風潮がありますが、待っていてもなりたい職には就けません。積極的に行動して、あなたの熱意を採用担当に伝えることが、病児保育士への第一歩となるかもしれませんよ。

保育士の仕事に関する記事

Copyright(c) 保育士Work All Rights Reserved.