保育士のお仕事紹介

学童保育は小学生を対象とした保育施設

学童保育とは、共働きなどで両親が自宅にいない小学生を対象にした保育サービスで、放課後や長期休みの間に子供たちが過ごす場所のことです。

保育園同様に、公的機関が設置した施設と民間事業者が設置した施設があり、運営形態は公設公営、公設民営、民設民営の3つに分類されます。中でも最も多いのが自治体が運営する公設公営の学童保育施設です。

その他にも、父母会や個人が設営・運営している施設や、塾、フィットネスクラブ、英会話教室といった企業が手がける学童保育も年々増えています。

小学6年生まで保育可能

以前までは、預かり対象の子供を原則小学3年生までとされていましたが、2015年4月から小学6年生までに対象が拡大されました。

また、不透明だった学童保育施設の開設基準も、1クラス40人まで、年間250日以上、平日3時間以上運営を行うことといったように、一定の基準が設けられました。

今まで無法地帯だった学童保育でこうした基準統一を行うことで、学童保育の安全性と信頼性が高くなったと言えるでしょう。

学童保育での子供たち

学童保育での子供たちは、学校の宿題をしたり、友達と遊んだりしており、施設によってはおやつや夕食を出すなどして夜遅くまで預かってくれる所もあります。

中にはストレスを感じて四六時中泣いてしまう子供もいますが、年の離れた友達と遊ぶという普段ではあまりない時間を過ごすことを楽しみしてい通っている子供もいます。

どんな家庭でも預けられる

多くの場合、保護者が仕事で家を空ける時間での利用ですが、共働きでなければ預けられないといった決まりもなく、専業主婦(専業主夫)の方が自分の時間を確保するために子供を預けているといったケースもあります。

ですが、公設公営なのか、公設民営なのか、民設民営なのかで月謝も大きく違うため、慎重に選ぶ必要があります。

増える学童保育の需要

女性の社会進出が当たり前となり、小学生でも子供を安全な学童保育施設に預けたいと考える保護者が増えています。それにより、学童保育の需要は日に日に増えてきており、そこで働く指導員も必要とされています。

同時に、より良いサービスを学童保育に求められるようになっている傾向もあります。

学童保育で働く指導員の仕事内容

学童保育で働く職員は、学童保育指導員学童指導員児童指導員などと呼ばれています。

一般的に学童保育施設では決まったプログラムがなく、自由に子供達と過ごす場所といった流れになります。その中で、怪我をしないように注意しながら、みんなが仲良く遊べるように見守ることが主な仕事となります。

また、時には一緒になって遊んだり、必要に応じて宿題を手助けしたりします。

次第に子供達と心が打ち解けてきたら、学校や家庭の悩みを聞いたりし、教育環境の改善にも取り組むこともあります。もちろん保育のプロとして保護者からの相談にのることも大切な仕事です。

その他にも、指導員として父母会への参加を行い、資料作成や会費の管理、おやつの買い出しやイベントの企画運営といった業務も行います。

学童保育で働くには?

厚生労働省によれば「学童保育の指導員として働くには児童の遊びを指導する者(任用資格)を持っている者が望ましい」という資格基準を設定しています。

児童の遊びを指導する者(任用資格)を具体的に言い換えれば、保育士資格・児童指導員任用資格・幼稚園教諭免許・小学校教諭免許・中学校教諭免許・高校教諭免許といった資格や免許を持つ人のことになります。

ただ、明確な基準は各自治体や各施設によって様々ですので、お住いの地域ごとに確認するといいでしょう。

また学童保育職員は子供達の生活や遊びを身近で見守り支援していくことが大きな役割となりますので、上記の基準に加え保育経験も重要な選考基準となります。

非正規社員なら無資格未経験でもOK

正規の指導員であれば上記の条件を満たす必要がありますが、パートや派遣社員であれば無資格未経験でも働くことができます。資格がないからと諦めることはなく、非正規社員として働きながら資格取得を目指す方法もあります。

保育士の仕事に関する記事

Copyright(c) 保育士Work All Rights Reserved.