保育士のお仕事紹介

保育士の仕事内容について

保育士の仕事内容について

保育士の仕事内容を大きな枠で囲うと「子供を預かる」ということになりますが、日々の業務の中にはいくつかの役割があります。まずは、一般的な1日の流れや年間スケジュールを把握して、保育士という職業について理解することから始めてみましょう。

保育士の仕事内容

子供たちに生活習慣を身につけさせる

食事、睡眠、排泄、手洗い、うがい、着替えといった基本的な生活習慣を保育園で教えて、子供達に身につけさせることも保育士の大切な仕事です。

子供たちの健康管理

子供はまだ自分自信で健康管理ができないため、保育士が一人一人に気を配り、安全で健康的に生活出来るように努めなければいけません。顔色や声の調子、行動、食事、他の子供との接し方などを観察し、異変があれば保護者へのきめ細かい報告も行います。また集団生活の中では感染症にもかかりやすい上、子供は免疫力も低いので、徹底した衛星管理も大切になります。

子供たちの社会性を伸ばす

保育園という場は、初めて家族以外の他人との集団生活になります。その中でのコミュニケーション能力社会性を身につけるためのサポートも保育士の仕事です。

友達作りから始まり誰、かと一緒に楽しむことの大切さを学び、時にはケンカをしてぶつかり合い、集団での生活というものを徐々に理解させることになります。

子供たちだけで解決させることが理想的ですが、時には大人である保育士がサポートします。

遊びを通じて子供たちの心身を育てる

小学校に通う前の0~5歳は特に成長が早い時期。遊びを通じて子供の成長を手助けさせることも保育士の役割です。お絵描きや工作で創造力や感性を伸ばし、遊具やスポーツで体力を鍛えます。

遊び中で子供たちには得意不得意も出てきます。そういったことも保護者と共有することで、家庭と保育園での健全な成長にも役立ちます。

保護者の相談にのったりサポートをする

子供を他人に預けるということは絶対的な信頼関係にあるということです。時には保護者から家庭での育児や教育といった悩みの相談も受けることがあるでしょう。そういった時に、保育のプロとしてアドバイスをしたりしサポートすることも仕事です。

保育士の1日の流れ

年少クラス(3歳未満児)

0~3歳児の年少クラスの一般的な保育園での1日のスケジュールになります。

時間 業務内容
7:00 出勤、朝礼、掃除、換気、設備チェック
8:00 登園、迎え、手洗い、排泄・おむつ交換
9:00 朝の会、体操、自由遊び
11:00 昼食準備、手洗い・昼食、体温計測
13:00 歯磨き、排泄・おむつ交換
13:30 着替え、お昼寝
15:00 起床、手洗い、おやつ、排泄・おむつ交換
16:00 自由遊び、帰りの会、降園
17:00 延長保育、保育記録、事務作業
19:00 掃除、片付け、戸締り、終業

年中・年長クラス(3歳以上児)

3~5歳児の年少クラスの一般的な保育園での1日のスケジュールになります。

時間 業務内容
7:00 出勤、朝礼、掃除、換気、設備チェック
8:00 登園、迎え、手洗い、排泄
9:00 朝の会、体操、自由遊び、お絵描き・工作
11:00 昼食準備、手洗い・昼食、体温計測
13:00 歯磨き、排泄、外遊び、スポーツ
14:00 着替え、お昼寝
15:00 起床、片付け、手洗い、おやつ、排泄
16:00 自由遊び、帰りの会、降園
17:00 延長保育、保育記録、事務作業
19:00 掃除、片付け、戸締り、終業

登園

一般的な保育園での通常保育は朝8時からで、園児は送迎バスや保護者と一緒に登園します。朝7時~8時の間は早朝保育となり、園児は保護者と一緒に登園します。ちなみに認可外保育施設などでは朝7時以前からの早朝保育も行っているところもあります。

朝の会

子供たちの登園が完了したら朝の会を行い園児の出席をとります。園児の名前を呼んで点呼を取る場合や、出席カードやシールを用いて出席を確認する園もあります。欠席した子供がいて保護者から連絡がない場合は事務員と連携して保護者へ電話確認を行います。

自由遊び

自由遊びの時間帯は、子供に混じって保育士も遊具やおもちゃで遊びます。自由遊びなので、どのような遊びをするかは子供たちが決めますが、遊びの中で子供達が楽しめるように工夫し手助けするこも大切です。また遊具やおもちゃの正しい使い方、怪我防止や危険管理なども保育士の大切な役割です。

お昼寝

成長期の子供にとって睡眠は欠かせません。また、寝る前には歯を磨き、トイレに行って、着替えをするといった正しい生活習慣を身につける目的もあります。

子供達が寝ている間、保育士は掃除や片付けをしたり、保育記録を記入したりします。

保育記録(保育日誌)

降園後は今日のクラス状況や子供たち一人一人の様子を保育記録(保育日誌)に書いていきます。記録する内容例は下記の通りです。

  • 天候
  • カリキュラム
  • 行事内容
  • 出席人数や欠席理由
  • 子供の様子や健康状態
  • 保護者への連絡事項
  • 保育方針、保育内容
  • 反省や評価、改善項目

また保育記録の内容は園長や責任者が確認します。

1日の業務を数名の保育士がシフト分担

正社員は1日のうち実働8時間のシフト制で、早朝保育には早番や延長保育には遅番には非常勤保育士のパートや派遣社員も勤務する場合があります。

保育園の年間スケジュール

一般的な保育園で1年間に行われる行事やイベントのスケジュールです。

行事・イベント
4月 入園式・進級式、健康診断(内科検診・歯科検診)、お花見遠足、誕生会、避難訓練
5月 こどもの日、母の日(プレゼント作成)、誕生会、避難訓練
6月 保育参観・保護者会総会、給食試食会、交通教室、父の日(プレゼント作成)、誕生会、避難訓練
7月 プール開き、お泊まり保育、七夕祭り、誕生会、避難訓練
8月 地域夏祭り参加、野外教室、誕生会、避難訓練
9月 老人の日、運動会予行練習・運動会、遠足、誕生会、避難訓練
10月 健康診断(内科検診・歯科検診)、芋掘り体験、ハロウィンパーティー、誕生会、避難訓練
11月 七五三、地域の文化祭に参加、誕生会、避難訓練
12月 クリスマスパーティー、お遊戯発表会、誕生会、避難訓練
1月 焼き芋大会、お正月パーティー、誕生会、避難訓練
2月 節分・豆まき、新入児説明会、誕生会、避難訓練
3月 ひな祭り、お別れ会、卒園式、保育参観、誕生会、避難訓練

入園式・卒園式

春になれば保育園を卒園する子供とそれに変わって入園する子供がいます。それに合わせて誰がどのがクラスを担任をするかも決められます。年少専門の保育士さんもいれば、入園から卒園まで組を担任する方針の保育園もあります。

季節行事

お花見、夏祭り、運動会、クリスマスなど、季節ごとの行事やイベントは必ずと言って何かしら行います。子供に楽しんでもらうことはもちろん、一年の間にはどんな行事ありどんなことをするかを理解してもらうためでもあります。

保育士にとっては普段の業務に加え行事やイベントの準備も重なるので大変になりますが、子供たちに楽しんでもらうように毎年工夫を凝らします。

健康診断

園にもよりますが、半年に一度は子供たちの健康診断を行い、成長の確認をかねた健康管理が行われます。健康診断では内科検診や歯科検診などが行われます。

遠足

歩いて近くの公園に行くちょっとした遠足もあれば、観光バスを貸し切り動物園や遊園地へ向かう遠足もあります。ワクワクして興奮ぎみの子供たちをしっかり制御しなければいけないのでいつも以上に大変ですが、公共の場での社会勉強の一環ということを念頭に、楽しんでもらうように引率します。

運動会

運動会は基本的に保護者参加型になり、競技のプログラムも親子で楽しめるものを考案し運営します。家庭の事情で運動会に参加できない親御さんもいるので、そういった子供のケアも保育士の仕事になります。

お遊戯発表会

保育園では遊ぶだけでなく、子供たちに劇や合唱といったお遊戯にもチャレンジさせます。集団行動とチームで目的を達成する喜びを経験させ、協調性と積極性を養います。またそれらのお遊戯を保護者の前で発表することで、親御さんは子供の成長が実感でき、子供にとってもいい刺激となります。

誕生会(誕生パーティー)

子供一人一人の誕生日は必ずお祝いします。月ごとに数名の園児をまとめて祝う場合や、4月生まれと5月生まれを5月にまとめて行い場合もあります。特別なケーキやプレゼントを用意するというわけではなく、保育園側では簡単な飾り付けや手作りの王冠やメダルなどで十分です。

誕生会を行うことで、子供たちは大勢の人から祝われる喜びを知り、同じように誰かを祝う大切さを学びます。

避難訓練・防災訓練

避難訓練は毎月行う保育園がほとんどです。地震や火災が起きた時の避難ルートや集合場所など確認して、もしもの時に備えます。また、園児だけでなく保育士など職員の防災意識を保つ目的もあります。

保育士の仕事に関する記事

Copyright(c) 保育士Work All Rights Reserved.