保育士のお仕事紹介

企業内保育所とは従業員の子供を預かる保育施設

企業内保育所とは、会社や事業所の中、または近隣に設置された認可外保育施設のことで、事業所内保育施設社内保育施設とも呼ばれています。そこで働く保育士のことを企業内保育士と呼びます。

企業内保育士の主な役割は、特定の企業で働く従業員の子供を預かることですが、なかには地方自治体からの要請で従業員の子供以外も受け入れているケースもあります。

企業としてベネフィット

会社が企業内保育所を設置する目的としては、出産を終えた女性の職場復帰をサポートし、結婚や育児による人材の流出を防ぐ狙いがあります。

また、保護者にとっては子供と一緒に出勤して一緒に帰宅できるといった理想的な保育サービスも魅力となり、企業内保育があることが一種の福利厚生(ベネフィット)となっています。

さらに自社でのキャリアがある女性人材の確保もできるため、企業内保育は会社側にも大きなメリットとなっています。

企業内保育所の4つの種類

企業内保育には大きく分けて、単独利用型地域開放型共同利用型共同設置型の4つの種類があります。

単独利用型

1つの企業が設置・運営をしており、自社で働く従業員の子供のみを対象にした企業内保育所です。

地域開放型

1つの企業が設置・運営をしており、自社で働く従業員の子供の他に、周辺地域に暮らす子供も受け入れている企業内保育所です。

共同利用型

1つの企業が設置・運営をしており、複数の企業が共同で利用する企業内保育所です。

共同設置型

複数の企業がそれぞれ費用を負担して設置・運営を行い、従業員の子供、また周辺地域に暮らす子供も受け入れている企業内保育所です。

企業の営業時間にあわせて運営

企業内保育所は、基本的には会社で働く従業員の労働時間にあわせて運営されています。同じタイプの保育施設に、医師や看護師の子供を対象に預かる院内保育施設がありますが、夜勤や不規則な残業が多い院内保育士に比べ、企業内保育士は基本的に夜勤なしの土日休みで、残業もそこまで多くはありません。

ただ時間外保育がやや多めで、登園時間が早朝であったり、降園時間が真夜中といったことも珍しくないようです。そのため、早番や遅番といった短時間の勤務体系もあります。

企業内保育士の仕事内容

イオングループやローソンといった一部の大手企業を除き、ほとんどの企業内保育所は専門の外部委託業者によって運営されています。ですので、企業内保育士=大きな会社の保育士ではありません。仕事内容も一般的な保育園の保育士となんら変わりはないでしょう。

ですが、ほとんどの企業内保育所は大きな園庭や広いお遊戯スペースがないため、保育士の負担は軽減されます。また運動会や発表会といった大規模なイベンド行事もほとんどありません。

企業内保育士として働くメリット

園庭や広いお遊戯スペースが少なく、大規模な行事も比較的少ないので、企画や準備などで夜遅くまで仕事をするといったこともほとんどありません。

また、子供も数が少ないので保育記録といった事務作業も楽な方と言えます。企業に合わせて運営されるので、土日休みでシフトも明確な職場がほとんどです。

あとは、企業内保育所は企業の中や近隣に設置されており、首都圏であれば職場が駅近で仕事終わりに買い物ができるといったメリットもあります。

企業内保育士として働くデメリット

企業内保育所は認可以外保育施設になるので、保育士の数に規定がなく、職場によっては少ない人数で回しているところもあります。

また、従業員に対する福利厚生のために設置する企業が増えている一方で、想定以上に運営コストがかかってしまい、廃止や撤退する企業も多いそうです。つまり、一般的な保育園で働く保育士に比べ、企業内保育士は職を失うリスクも高いと考えられます。

企業内保育士になるには

企業内保育所の数は全国的に見てもまだまだ少なく、非公開求人として募集されていることが多くなっています。また、土日休みで残業も少ないため人気の求人として、競争率も高くなっています。

常に募集状況をチェックするか、転職エージェントに登録して募集があればコンサルタントから連絡を貰うといった形にしておくといいかもしれません。

保育士の仕事に関する記事

Copyright(c) 保育士Work All Rights Reserved.