保育士のお仕事紹介

公立保育園で働く公務員保育士

一般的な保育士と公務員保育士の大きな違いは、勤務先が法人運営か公的機関運営かの違いになります。つまり、公立の保育園などで働く保育士は公務員として勤務することになります。このあたりは学校と同じで、私立であれば学校法人に勤める会社員で、公立であれば地方自治体に勤める公務員ということですね。

また保育士の勤務先は保育園だけではなく、相談所、学童保育、託児所、病院、児童福祉施設などもあり、それらの運営元が公的機関であれば公務員として勤務する場合もあります。

公務員保育士は公務員試験を受ける

公務員になるには公務員試験を受ける必要がありますが、もちろん公務員保育士も地方自治体による保育士採用試験を受けて、ちゃんと合格しなければいけません。ですが、あくまで地方公務員といった扱いなので、国家一種や二種といった公務員試験に合格する必要はありません。

ちなみに公務員保育士の採用試験に合格したからといって、すぐに仕事が決まるということではなく、あくまで採用候補者として登録されるだけになります。その後、対象エリアの公的保育施設から募集があれば公務員保育士として働くチャンスを獲得できます。

また採用候補の登録期限は基本的に1年で、期限が過ぎればもう一度採用試験に合格しなければいけません。

雇用形態と給料の違い

公務員保育士の雇用形態は地方公務員と同じで、基本的には正規雇用、つまり正社員となります。給料は地方公務員と同等で平均年収580万円ほど。さらに勤続年数による昇給制度もあるので毎年給料は上がり続けます。

その他にも、休日勤務手当や時間外勤務手当といった各種手当、共済年金の加入などのメリットも。給料が低いと多くの保育士さんが嘆いているなか、公務員保育士は目を疑うような給料と待遇ですよね。うらやましいです。

公務員保育士は残業少なめ?

延長保育や夜間保育など、保護者のニーズに対して柔軟に対応する私立保育園とは違い、公立保育園は定められた日時で運営している施設が多くなっています。最近では延長保育を行う公立保育園も増えたとのことですが、サービス残業や持ち帰り残業が多いブラックな職場になるというリスクは少ないでしょう。

公務員保育士は転勤がある

地方公務員となるので、公務員保育士にも人事異動があります。自治体管理になるので県をまたいでといったことはごく稀と聞きますが、保育園から児童福祉施設へといった感じで、施設業態が異なる職場への異動は珍しくないでしょう。

公務員保育士は人気なので非公開求人が狙い目

公務員保育士は私立保育園の保育士求人よりも、格段に採用のハードルが上がりますが、一度採用されれば生涯働くことができる仕事になること間違いなしです。

転勤というデメリットもありますが、安定的で高い給料、残業が少ないといった公務員保育士の人気はやはり高く、一度なると退職する人は少ないそうです。

そのため公開されている求人募集も少なく、募集があったとしてもごく一部の非公開求人のみの掲載となっています。

本気で公務員保育士を目指したいというなら、まずは地方公務員試験の合格を目指し、次に転職エージェントに登録してコンサルタントに「非公開求人で公務員保育士の募集が出たらすぐに連絡してください」と念押ししておくといいでしょう。

非公開求人を保有するおすすめの保育士求人サイト

保育士の仕事に関する記事

Copyright(c) 保育士Work All Rights Reserved.