保育士のお仕事紹介

欠員を補うため短期間で働く臨時保育士

臨時保育士とは、公立・私立関係なしに臨時職員として働く保育士のことです。非常勤保育士とも呼ばれることがあり、大半は時給制でパートやアルバイトとして雇用されています。

正規雇用の保育士との大きな違いは給料や待遇です。臨時保育士は非正規雇用になるので、給料はもちろん社会保障面でも正社員ほどの待遇は受けられません。

一方で、公立の保育施設では臨時保育士が不足しており、正規雇用の需要を上回っているのが現状です。

臨時保育士の仕事内容

臨時保育士といっても子供を預かる仕事に変わりはないので、採用されるには保育士資格幼稚園教諭免許が必要になります。

仕事内容は個人記録の記入など社員保育士のサポートが主な業務ですが、クラス担任を任せられることも珍しくありません。臨時とは名ばかりで「同じ業務量なのに扱いや給料が低すぎる」といった不満も多いのが現状です。

臨時保育士の求人状況

臨時保育士の勤務時間はフルタイム、早朝パート、短時間パート、夕方パートなどシフト制となっています。非正規雇用なので自身が働きたい時間を選べますが、基本的には社員や保育園側の都合でシフトを組まれるという認識も必要でしょう。

平均的な給料は都心部で時給900円~1200円地方では時給800円~1000円が相場です。スーパーやコンビニのアルバイトに比べると高めの時給ですが、保育士という専門職の観点から考えると若干低いようにも思えます。

有給休暇や夏季休暇も取れる職場もありますが、やはり社員同等の待遇とまではいかず不平不満もあるようです。

臨時保育士として働くなら

保育士資格や幼稚園教諭免許を持っており、子育て中やダブルワーカーだから短時間で働きたいという方には臨時保育士として働くメリットはあるかもしれません。

また、面接の時に勤務の曜日や時間を固定にしてもらい、社員や保育園側の都合でいいようにシフトの穴埋めに使われないように注意しておくといいでしょう。

保育士の仕事に関する記事

Copyright(c) 保育士Work All Rights Reserved.