保育士のお仕事紹介

小規模保育は少人数体制だから子供と向き合える

小規模保育とは0~3歳未満児を対象にした保育のことで、定員は6人以上19人以下とされています。保育士1人当たりの負担が少なく、子供と向き合えるという理由から、人気の保育士求人となっています。

小規模保育での仕事内容

小規模保育を実施している保育園では、一般的な保育園で行われる保育に加え、子供たちの興味や反応に応じてその日の活動日程を臨機応変に変更します。また、障がい児の受け入れも積極的に行っている園も多く、それなりの経験と知識が求められる職場も少なくありません。

小規模保育で働くメリット

小規模保育で働くメリットは、何と言っても子供とゆっくり向き合う保育ができるという事ではないでしょうか。また、受け入れ人数が少ない分だけ保育士の配置も少なくなっていますが、仕事に対してちゃんとした意識を持っている保育士が多いといった傾向もあります。ですので、スキルアップを目指したい方にとっては良い刺激となる職場でしょう。

小規模保育で働くには?

繰り返しになりますが、小規模保育では職員の配置数が少ないため、一般的な保育園に比べて募集枠も限られています。さらに、理想的な保育が経験できるという事もあり、多くの保育士から人気の求人となっています。そのため、求人サイトで公開されいている募集には相当な競争倍率となっています。

ですので、小規模保育で働きたい場合は、転職エージェントによる人材紹介がおすすめです。非公開求人から紹介される場合や、募集をしていない園に対してアプローチを行ってくれる場合もあり、自分で探すより高い確率で小規模保育に転職することが可能です。

保育士の仕事に関する記事

Copyright(c) 保育士Work All Rights Reserved.